2018年8月30日、小型ドルクス最人気種、ラティオキナティブスのチベット産が初入荷致しました。一足早く7月末頃、愛知県のショップ様へ入荷していた様なので正式には国内で2番目の入荷と言う事になります。ラティオキと言えばこれまでネパール産メチの個体が主流で以前入荷した個体からの累代品が僅かに流通しているのみ!天然個体の入荷はほぼ皆無に等しい状態が続いておりました。またアルナーチャルの個体は当初ラティオキナティブスsspとして入荷しておりましたが現在モンパオオクワとして流通しております。では今回入荷したチベットYadongの個体はどうなのか?Stag Beetles of China Ⅱにはネパールに近いチベットZhangmuの個体とガントクに近いYadongの個体がそれぞれ2個体ずつ掲載されております。明らかにZhangmuの個体はこれまで見慣れた大アゴ基部が外に大きく張り出すネパール産と同タイプの個体であり、Yadongの個体は大あごが外向きに弧を描いて湾曲していく特徴を示しており、何ともまた違った雰囲気を感じるのであります。今回入荷した個体も図鑑と同じ様な傾向に感じますが25mm程度の小型ばかりなので、飼育で大型個体を比較してみないと真相は良く判りません。以下に今回のチベット産、そしてネパール産、ついでにモンパの比較画像を掲載しておきますので特徴を見比べてみて下さい。ほぼ同サイズ!